ビオマイン

99%生きて大腸まで届くビオマイン

ビオマインの商品写真

ビオマインに含まれるC3102株は厳密にいうと乳酸菌ではありません。枯草菌(こそうきん:Bacillus subtilis) C3102株という納豆菌と同じ種類の有用微生物を1日分目安量に24億個配合しており、この菌が腸内で善玉菌のエサとなるのが特徴。オリゴ糖的な働きがある菌です。

枯草菌はそれ自体が酸や熱に強い殻に覆われているため、胃酸や胆汁の影響を受けず99%生きた状態で腸まで届きます。納豆菌と同じようにビフィズス菌の栄養源となってバランスを整えてくれるので健康に良い影響を与えるということです。

公式オンラインストアはこちら

ビオマインの人気ポイント

枯草菌は乳酸菌と違い、99%が生きて腸まで届く

乳酸菌はヨーグルトなど、そのまま摂っても熱や酸に弱いため胃酸や胆汁で殆ど死んでしまい、生きた菌として得られる効果は得られません。 枯草菌は99%生きて腸まで辿り着いて良い働きをしてくれます。

善玉菌の栄養源になる麦芽糖(オリゴ糖)も配合

枯草菌自体がオリゴ糖と同じように善玉菌のエサになりますが、それだけでなくプレバイオティクス成分である麦芽糖(オリゴ糖の一種)も配合していますので、より善玉菌に栄養を与えてくれます。

枯草菌サプリはビオマインだけ

いまのところ枯草菌C3102株を配合したサプリはカルピスのビオマインだけです。
従来の乳酸菌では体調の良さを実感できなかった場合に試してみるとよいでしょう。

ビオマインの成分等

項目 説明
商品名 カルピス ビオマイン
価格 通常コース 1袋 3,570円(税込)
定期コース 1袋 初回 2,856円(税込)、2回目以降は3,213円(税込)
内容量 1袋 90粒 (1日分目安量3粒)
配合菌 バチルス・サブチルス C-3102株 (枯草菌C3102株) 24億個
全成分 砂糖、麦芽糖、発酵大豆粉末、でんぷん、ゼラチン、貝カルシウム、グリセリン脂肪酸エステル、増粘剤(アラビアガム)、シェラック、カルナウパロウ、グリセリン

ビオマインとは、カルピス社独自の新プロバイオティクス「C−3102株」配合のサプリメントです。乳酸菌やビフィズス菌は、合う合わないという個人差があり、身体に合わない場合にはすぐに排出されてしまいます。しかし「ビオマイン」に含まれている「C-3102株」は、摂った人がすでに身体に持っている「善いもの」を増やしてくれるので、身体に合わないということがありません。

 「C-3102株」は、カルピス社の微生物研究によって発見された、「枯草菌」に属する菌であり、安全な菌です。納豆菌もこの枯草菌の一種であり、味噌や醤油のもろみにも含まれる菌で、日本人になじみの深い食品と関係が深い菌です。また、「C-3102株」は、丈夫な天然の殻に包まれているために、99%生きて大腸まで届くことができます。この殻は、外部からの刺激に対して大変強いので、人工的なカプセルに包む必要はなく、99%生きたまま大腸に届くというわけです。大腸に届いた後で殻を破り、その効力を発揮します。

 ビオマインのサプリメント、1粒に「C-3102株」が8億個配合されています。しかもその8億個が、ほとんどそのまま大腸に届きます。人間に本来備わっている「善いもの」を、ビオマインのサプリメントを摂取するだけで、手軽に増やすことが可能となります。1日あたり3粒を目安に、水などとともに噛まずに服用してください。ビオマインは食品ですので、お好きな時に服用したのでかまいません。