乳酸菌サプリ

乳酸菌サプリの選び方

乳酸菌サプリ選びのポイント
腸まで届くこと

乳酸菌は実は生きていようと死んでいようと体に良い影響を与えます。ですので、フェカリス菌といった加熱殺菌された乳酸菌を使っている商品もあります。ただ、生きて腸まで届いたビフィズス菌や乳酸菌は、死んだ菌にはない働きがあります。生菌は乳酸や酢酸といった酸を産生するという点が死菌と違い、腸内を酸性に傾けることで悪玉菌が繁殖しにくい環境を作り、善玉菌優勢の環境に導くことができます。また、乳酸菌が産生する乳酸菌産生物質というものが健康によいことも分かっています。

従いまして、基本的には生きて腸まで届くものがより良いのです。植物性乳酸菌といった胃酸などに負けずに生き抜く力の強い菌を使ったものや、胃酸や胆汁の影響を受けないように腸溶性カプセルに菌体を閉じ込めて腸まで生きて乳酸菌を届けるヘルスエイド ビフィーナSのようなものを選ぶと良いでしょう。

オリゴ糖が入っていること

実は乳酸菌やビフィズス菌は仮に生菌が腸まで辿り着いたとしても、腸内に定着することはほぼありません。 善玉菌(99%はビフィズス菌)を増やすためには、善玉菌の栄養素になる成分を腸に届けることが必要。それがオリゴ糖でこういった成分をプレバイオティクスといいます。 ビフィズス菌はオリゴ糖を食べて自己増殖します。 善玉菌を増やすためにはオリゴ糖も必要なのです。

菌数の量はさほど重要ではない!?

乳酸菌は合う合わないがあります。人の腸内環境は実は双子であっても全く異なる個体差があります。そのため、どの乳酸菌が自分に合うか飲んでみないと分からないのです。

自分に合わない乳酸菌の菌種はいくら配合数が多くてもそのまま排泄されるだけ。健康増進のためには乳酸菌の菌数が多いものよりも、自分に合った乳酸菌の菌種を見つけることが肝心なのです。

乳酸菌は菌の種類によって特性が異なります。例えばフェカリス菌は身体を強くする特性があるものの、ビオチンを消費してしまい乾燥肌の要因となることが示唆されています(証明はされてません)。ビオチンを逆に増やすと言われているアシドフィルス菌という乳酸菌もあり、皮膚が弱い人にはアシドフィルス菌が好まれるようです。

また、生きたビフィズス菌は乳酸や酢酸を出すことで酸性に整える優れた働きがあります。このように乳酸菌とひとことでいっても特性が異なるため、自分に合ったものを選ぶ必要があります。いくつか飲んでみて2〜4週間ほどで体調の良さが実感できたものを選ぶとよいでしょう。

乳酸菌サプリ 私のおすすめ順ランキングBEST5

ヘルスエイド ビフィーナS
おすすめ ・商品に含まれる成分「ビフィズス菌(ロンガム種)」が腸内フローラを良好にして、便通を改善することが報告されています(機能性食品表示)。
・ビフィーナシリーズ全体の売上が19年連続で乳酸菌類シェア1位(※1)
・ハイパープロテクトカプセル®でビフィズス菌(ロンガム種)を腸まで生きたまま届ける
・ヘルスエイド ビフィーナSのビフィズス菌量は50億個
・初回はお試しで2,980円で試せる

便通改善を期待するならこれ。商品に含まれる「ビフィズス菌(ロンガム種)は腸内フローラを良好にし、便通を改善する」という機能性食品表示を取得しており今大注目の乳酸菌サプリです。
腸内に存在している善玉菌の90%くらいがビフィズス菌。ビフィズス菌の難点は胃酸でほぼ全てが死滅してしまうこと。ビフィーナはハイパープロテクトカプセル®にビフィズス菌をカプセル化することで胃酸から守ります。約90%のビフィズス菌が生きたまま腸まで届くのがポイント。

(※1):富士経済「H・Bフーズマーケティング便覧1998〜2016」機能志向食品編整腸効果・乳酸菌メーカーシェア(1996〜2014年実績),ビフィーナRシリーズ全体での売り上げ

久光製薬 乳酸菌(EC-12)
・胃酸に負けない加熱処理した乳酸菌EC-12を配合
・善玉菌の栄養源ミルクオリゴ糖を配合
・初回お試し:1ヶ月分1,900円 送料無料
・通常価格:2ヶ月分6,300円送料無料
・定期コース:2ヶ月分5,670円送料無料

ヨーグルト100個分に相当する1兆個の乳酸菌が1日分に含まれます。
乳酸菌量が業界最高水準、善玉菌のエサとなるミルクオリゴ糖も配合、水なしで飲めるため外出先でも飲みやすいという3点が非常に優れているポイントです。

サントリー ビフィズス菌+ミルクオリゴ糖
・胃酸に強いロンガム種ビフィズス菌
・善玉菌の栄養源となるミルクオリゴ糖
・1ヶ月分 2,500円+税 送料350円
・定期コース 2,250円+税 送料無料

サントリーが良いのは全ての成分の量をちゃんと明記していることです。信頼できる会社なので人気も非常にあります。 商品もバランスが良く、胃酸に強いロンガム種ビフィズス菌、食物繊維を配合し、善玉菌のエサとなって増加をサポートするミルクオリゴ糖も配合されています。

善玉菌のチカラ
・カスピ海ヨーグルトの種菌「クレモリス菌FC株」を配合
・クレモリス菌が産生するネバネバ成分(多糖類)が体に良いと注目
・ヨーグルトで食べるよりも低カロリー低価格
・乳酸菌だけでなくカルシウム70mgも補える

カスピ海ヨーグルトが体に良く体の中からスッキリ環境をサポートしてくれると人気ですが、非常に粘り気があるヨーグルトなので健康によくても苦手という方もいらっしゃるでしょう。そんな方はカスピ海ヨーグルトの乳酸菌成分をサプリメントにした善玉菌のチカラなら飲みやすく続けられるのでおすすめです。

サンミリオン 乳酸菌革命
・腸まで届く有胞子乳酸菌を配合
・乳酸菌のエサとなる酵母菌を配合
・1ヶ月分 2,800円 送料100円
・定期コース 2,660円 送料無料
ニューヨーク世界発明EXPO最高賞を受賞した「小牧原液」を配合しているのがポイント。小牧原液には胃酸で分解されない有胞子乳酸菌を配合しているので生きて腸まで届きます。またオリゴ糖は含まれていませんが、酵母菌と乳酸菌が相互に栄養源になるため相乗効果で増加する性質があります。

ヘルスエイド ビフィーナSが1位に選ばれる3つの理由

ビフィーナが1位に評価される理由
理由1
ハイパープロテクトカプセルが90%のビフィズス菌と乳酸菌を守り抜く

他の乳酸菌サプリとの最大の違いは、ハイパープロテクトカプセル®という2重のカプセル構造で胃酸に弱いビフィズス菌を90%も生きたまま腸まで辿り着くことに成功していることです。乳酸菌は生菌でも死菌でもカラダに良いことが分かっていますが、生きたビフィズス菌は酢酸や乳酸といった乳酸菌生産物質を含むという死菌にはない特徴があります。

理由2
便通改善効果が報告されているビフィズス菌(ロンガム種)配合(機能性食品表示)

当サイトでご紹介している乳酸菌サプリのなかでは唯一このヘルスエイド・ビフィーナシリーズだけが「ビフィズス菌(ロンガム種)が腸内フローラを良好にし、便通を改善する」という機能性食品表示の届け出がされている商品になります。便通が良好でないと感じている方は是非一度お試しを。

理由3
水無しで美味しく飲めるレモン風味の顆粒タイプ

ビフィーナは一回分が一袋に入った顆粒タイプです。錠剤タイプと違って個別包装で水が無くても飲めるので旅行の時とかにも衛生的に持っていくことができます。また、味はレモン風味で案外美味しいので錠剤のサプリよりもかなり飲みやすいです。

乳酸菌の豆知識

注意事項:以下は特定の商品に関する説明ではありません。

善玉菌に含まれる乳酸菌

フランス人のパストゥールさんが乳酸菌を発見して、パリにある研究所なども有名であるということをフランス語の講座で学びました。 よくヨーグルトのCMが流れていると、いろいろな乳酸菌の名前がよくあげられているのが印象的です。

LG乳酸菌、ビフィズス菌、ガゼリ菌、ブルガリア菌、ダノンのBE80菌、カスピ海ヨーグルトの乳酸菌、ヤクルト菌、カルピスの乳酸菌などヨーグルトや乳酸飲料などに含まれる善玉菌の種類ということを知り、効能などにも違いがあり、だんだん詳細化されてきたという感じがします。

腸内環境に効果的であり、ヨーグルトや乳酸菌飲料を摂取し、日常から悪玉菌をよせつけないように、また増やさないようにすることがポイントです。

お漬け物にも乳酸菌は含まれる

乳酸菌と言ってまず思いつくのはヨーグルトなどの乳製品ではないでしょうか。 実際は、その他の食品にも含まれていて、たとえばお漬物に含まれる植物性乳酸菌ラブレ菌などがあります。

とくにおすすめなのがザワークラウトというキャベツのお漬物です。 キャベツの表面には天然の乳酸菌が付着しているそうで、それを発酵させることで増やすことができます。

作り方は簡単で、キャベツを千切りにして塩もみをして、唐辛子やハーブをいれて密閉できる袋にいれ、重しをして常温で数日置いておけば完成です。

ドイツでは定番の食品だそうで、そのまま食べたりハムやソーセージと一緒に食べるそうです。 乳酸菌は腸内環境を整えるのによい働きをするとされています。 乳製品だけでなく、いろいろな食品から摂取することによって、腸内環境を良い状態に保つことができるのではないでしょうか。

効果が無い場合は乳酸菌の種類を変えてみる

これは今私が通院している病院で教えてもらったお話です。

研究者等ではないので詳しいメカニズムは分からないのですが、「乳酸菌には自分に合うものと合わないものがある」という事でした。

「合わないから全く効き目がない」という事はない様ですが、 当然合うものの方が効き目は出やすいとの事。

それを聞いて私も色々試してみましたが、 確かにあまり変化のないモノと「おっ」と思うモノがありました。

これは家族間ですら違うらしいです。

聞いた話でしかないので絶対とは言えませんが、 「乳酸菌を試してるのに変化が感じられない」という方は 「菌の種類を変えてみる」というのも一手かもしれません。